BIGBANG表紙のananが面白い!?絶対に読むべき3つの特集は?

この記事は2分で読めます

bigbang、anan

2月24日に発売された女性誌「anan」BIGBANGが表紙を務め、グラビア、ロングインタビューなど見どころ、読みどころが溢れています。91万人を動員した日本ドームツアーを大成功させた5人。グループ結成10周年を迎える彼らは、どんなことを語ってくれたのでしょうか?
また、「あなたが知らない、あなたの本当の魅力」と題した心理テストも必見!たった1冊で隠れていた自分の魅力に気づくことでしょう。
それではさっそく、BIGBANGが表紙を務めた「anan」の絶対に読むべき3つの特集を紹介していきましょう。

---------Sponsored Links---------

BIGBANGの表紙が目印!「anan」

今回は13カ国を回ったワールドツアーの日本公演を終えたばかりのメンバーへ、ananが独占インタビューを敢行。
3年かけて準備をしたニューアルバム「MADE SERIES」“メンバーみんなで作り上げた”と言います。ファンにとっても待望のアルバムだっただけに、その盛り上がりは非常に熱く、発売初週で12.8万枚を売り上げました。
また、昨年11月の東京ドームを皮切りに全国ドームツアーを開催したBIGBANG。追加公演も開催され、全国112の映画館でのライブビューイングも実施。2月24日(水)の最終公演後は動員数91万人達成を発表。異例の新記録を樹立しました。
そんなトップスターである彼らのオフに近い姿を見られるのが今号の「anan」
「音楽性はタフでも、実際は男子校性のようなやんちゃさがある。」と語るG-DRAGON。グラビアカットで見せている、愛らしい、子供の様な笑顔が全てを物語っていると感じました。
注目は、メンバーが互いの素顔を語るとき。何度も読み返しましたがその度に「意外だなぁ…」と率直な感想が出てきました。
それぞれどんなことを語っているかは、ぜひ本誌でチェックしてくださいね。

BIGBANG弟分「iKON」も登場!

BIGBANGの弟分グループとして先日、日本デビューを果たした「iKON」も今号に登場しています。
クールにキメたグラビアをはじめ、メンバーがそれぞれ分かれて「iKONの魅力は何!?」というグループインタビューに応じています。
クールで悪ガキのイメージが強いiKONですが、素顔はとてもカワイイ男の子。このインタビューを読んでそのイメージが吹き飛びました。「ちょっと苦手だな〜…」と感じていたグループでしたが、今は一気に親近感が湧いています
iKONについてまだ詳しく知らない人は絶対に読むべき特集のひとつです。

隠された自分の魅力がわかる!?必見の心理テストとは?

BIGBANGやiKONとは全く関係ありませんが、「あなたが知らない、あなたの本当の魅力」と題したこの特集はかなり興味深いです。
簡単にできる3つの心理テストで、自分自身の中に眠っている魅力を見つけることができます。
本誌に記載されている通り、何を判定するのか考えず、心に正直に答えてみたところ、「確かにそうだな〜」と感じたり、「えっ!?そうなの?」と驚いたりと様々な感情が沸き上がりました。
気がついたらひとりでブツブツ喋りながら答えていた管理人…。家でじっくりやってみるのをオススメします。
また、手軽にできる小さな心理テストも複数用意されているので、こちらもぜひ注目してみてください。管理人もやってみましたが、自分の人柄に改めて気づいて面白かったです。

今回は、BIGBANGが表紙を務めた「anan」の絶対に読むべき3つの特集を紹介しました。
本屋をはじめ、コンビニでも売られている「anan」。ぜひ今すぐ購入して、BIGBANG、iKON、心理テストの特集をじっくりと読んでみてくださいね。

---------Sponsored Links---------
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. fnc kingdom
  2. snuper deview
  3. 東方神起
  4. ikon japan deview
  5. shinee tokyo osaka dome 2days
  6. BEAST
  1. A lot of of what you mention is astgnishinoly precise and it makes me ponder the reason why I hadn’t looked at this with this light before. This piece really did turn the light on for me personally as far as this specific subject goes. Nevertheless at this time there is 1 position I am not really too comfortable with so while I make an effort to reconcile that with the actual central theme of your issue, allow me see just what all the rest of your readers have to say.Very well done.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人について

ひよっこ学生の時に見た「イタズラなKIss〜Playful Kiss」をきっかけに韓流の世界へ。空前のK-POPブームに二足遅れて乗っかり、現在は“特定の好き”を作らず様々なジャンルを楽しんでいます。好きなものは金曜の夜に飲む焼酎!

お問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
公式LINE@はこちら 友だち追加数
公式Twitterはこちら
---------Sponsored Links---------